住宅ローンと地震保険について

スポンサードリンク

住宅ローンと地震保険について

住宅ローンを組む際、最も気になるのは金利かと思いますが、
保険選びも実はとても重要です。

 

住宅ローンを組む際は、団体信用生命保険や火災保険、地震保険、
債務返済支援保険に加入するのが通常です.。

 

団体生命保険の加入は義務付けられていますが、
火災保険、地震保険、債務返済支援保険
は任意加入となっていますが、いずれも加入しておいた方が
万が一の時に安心です。

 

今回は地震保険について説明します。

 

地震・噴火・津波によって住宅に火災が発生した場合、火災保険の対象外

地震・噴火・津波によって住宅に火災が発生した場合、
火災保険では保障の対象となりません。
これらを保障するのが、地震保険となります。

 

地震保険は火災保険にプラスでするもの

地震保険は火災保険にプラスでするもので、
地震保険のみを単独で加入することはできません。

 

すでに火災保険を契約されている方は、
契約期間の中途からでも地震保険に加入できます。

 

地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30%〜50%で、
保険金額の上限は、建物が5,000万円、家財が1,000万円となっています。

 

地震保険は、保険会社によって補償内容、保険料に違いはなく、
保険内容は、建物の所在地(都道府県)や
構造(耐火か非耐火か)によって決められています。

 

地震保険によって支払われる保険金

地震保険によって支払われる保険金は次のとおりとなります。
全損…契約金額の100% (時価が限度)
半損…契約金額の50% (時価の50%が限度)
一部損…契約金額の5% (時価の5%が限度)

 

地震保険の対象とならない場合

次の場合は地震保険の対象とはなりません。
・故意もしくは重大な過失または法令違反による損害
・地震の発生日から10日以上経過後に生じた損害
・戦争、内乱などによる損害
・地震等の際の紛失・盗難の場合

 

住宅ローンの知識トップへ

スポンサードリンク