住宅ローンの債務返済支援保険とは

スポンサードリンク

住宅ローンの債務返済支援保険とは

住宅ローンを組む際、最も気になるのは金利かと思いますが、
保険選びも実はとても重要です。

 

住宅ローンを組む際は、団体信用生命保険や火災保険、地震保険、
債務返済支援保険に加入するのが通常です.。

 

団体生命保険の加入は義務付けられていますが、
火災保険、地震保険、債務返済支援保険
は任意加入となっていますが、いずれも加入しておいた方が
万が一の時に安心です。
今回は債務返済支援保険について説明します。

 

住宅ローン付帯の債務返済支援保険とは

住宅ローン付帯の債務返済支援保険とは、
住宅ローンの借り入れをした方が、病気やケガで働くことができなった場合に
ローンの返済を保障するという保険です。

 

通常、住宅ローンを組む際は団体信用生命保険に加入し、
借り入れをした方がローンを完済する前に亡くなった場合、
保険から残債務を支払い、住宅ローンの支払いの必要がなくなるというものですが、
ケガや病気で働くことができなくなってしまった場合は、保障の対象とはなりません。
このようなリスクをカバーするのが、債務返済支援保険ということになります。

 

団体信用生命保険は、住宅ローンを組む際に加入しない場合、
後から加入することはできませんが、
債務返済支援保険は返済途中からの加入することも可能です。

 

住宅ローンを組む際は、借り入れをされた一家の主の、
もしものことを想定し、債務返済支援保険にも加入しておくことで
本人はもちろん、ご家族の方々も安心です。

 

住宅ローンの知識トップへ

スポンサードリンク