仲介手数料とは?上限、相場、値引き交渉は可能か?

スポンサードリンク

不動産取引の仲介手数料とは?上限、相場、値引き交渉は可能か?

不動産の売買、賃貸といった取引をしたいと思っても、
個人の人脈、ノウハウで、希望の相手を探すのは至難の業です。

 

ですから、不動産取引を行う場合は、
不動産仲介業者にその間を取り持ってもらうことが通常です。

 

仲介手数料とは、不動産仲介業者を介して
不動産売買・賃貸の契約が成立した際に、
手数料として支払うお金のことを言います。
仲介手数料は成功報酬ですので、
取引が成立しなかった場合には発生しません。

 

不動産売買の仲介手数料の上限額

不動産売買の仲介手数料は法律により、
次のように手数料の上限額が規定されています。

不動産の売買価格       手数料の上限
200万円以下            5%
200万円超 400万円以下    4%+2万円
400万円超              3%+6万円

 

例えば、2,000万円の不動産を売却した際の仲介手数料の上限額は、
次のようになります。

 

2,000?3%+6万円=66万円(税別)

 

なお、仲介手数料額は、法律上で定められているのは上限のみですので、
これより安いぶんには、いくら安くても法律上の問題はありません。
極端な話、無料でやっても構いません。
ですから、不動産仲介業者に値引き交渉の余地はあるわけですが、
法律の上限額がだいたいの相場となっているのが実際のようです。

 

仲介手数料の支払いのタイミング

仲介手数料は成功報酬ですので、支払いのタイミングは
売買契約締結時に50%、物件引渡し完了時に50%
となっているのが一般的です。
支払いのタイミングに法律の規定はありませんので、
当事者間の合意で変えることも問題ありません。

スポンサードリンク