不動産に関する契約・法律知識

スポンサードリンク

定期借家契約とは?契約期間、更新、メリット、デメリットについて

定期借家契約とは、一定期間を定め、契約の期間が満了したら、
契約の更新をせずに終了するという賃貸借契約です。
契約期間に制限はなく、1年未満の契約をすることも可能です。

 

通常の賃貸借契約であれば、契約期間が満了しても契約更新が
繰り返されるということがめずらしくなく、
賃貸人(大家、地主)の側から、賃借人に契約の終了を
もちかけるのは、かなりハードルが高いものとなっています。

 

賃貸目的の不動産で、大家としては賃借人がずっといてくれた方がよい場合は、
それでよいのですが、例えば、2年間の海外出張で、
その間、自宅を遊ばせておくよりは、誰かに貸して賃料を得たいという場合などに
この定期借家契約としておくことで、
「2年後には必ず契約終了」という約束で賃貸をすることができるというものです。
(「リロケーション」と呼ばれています。)

 

定期借家契約の成立要件

定期借家契約の成立要件は、
書面で契約がされており、契約書の文中に
「契約の更新がなく、期間が満了すれば賃貸借契約は終了する」ことを明記され、かつ、
事前に契約書とは別途で書面を交付して、その内容を説明しなければなりません。
この別途の書面と同じもの(コピー)を用意し、
賃借人に署名・押印をしてもらうのが通常です。
この要件を満たしていないと、定期借家契約が成立しないということになります。
つまり、通常の賃貸借契約として扱われ、
賃借人はこの「更新ナシ」の取り決めに拘束されないということになります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

定期借家契約は期間内に中途解約するということもできません

定期借家契約は、更新できない一定期間の契約で、
一定期間より長くすることができませんが、
期間内に中途解約するということもできません。
賃借人は、予定より早く退去したくなったとしても、
決まった期間の家賃を払わなければならないということです。

 

なお、例外として中途解約について特約がある場合
(当事者間で中途解約できる場合を取り決めた場合)や、
床面積が200u未満の居住用建物で、やむを得ない事情により、
生活の本拠として使用することが困難となった 借り主からは、
特約がなくても法律により、中途解約ができます。

 

定期借家契約の場合、契約更新できない

定期借家契約の場合、契約更新できないので、
家賃相場は近隣の似た条件のものよりも安くなります。

 

ですので、賃貸人、賃借人ともに、
「一定期間だけ」借りたい、貸したいという人どうしであれば
お互いに好都合な契約というメリットがあります。

 

賃借人としては、割安な家賃で借りれるというメリットがありますが、
引越し費用などを考えると、結局家賃割安ぶんの費用がかかるという考え方も
できますので、いずれにせよ退去するような事情がある場合は、
金銭的なメリットがありますが、家賃の安さだけで飛びつくと、
結局あまりお得ではないことも少なくないのでご注意ください。

スポンサードリンク