住宅購入後に欠陥が発見された場合の瑕疵担保責任とは

スポンサードリンク

住宅購入後に欠陥が発見された場合の瑕疵担保責任とは

住宅を購入した後に、引き渡し時には売主も買主も
知ることのできなかった隠れた欠陥を「瑕疵(かし)」といいます。
住宅を購入してしばらく立ったら、白アリにやられていたことがわかったとか、
雨漏りがしてきたといったような場合です。

 

このような場合、住宅購入者は、
売り主対して、物件の修補や損害の賠償を求めることができ、
また、その欠陥が重大で、住むことができない程度であれば、
契約の解除、つまり購入代金の返還を請求することもできます。
このような瑕疵に対する売主の責任を、瑕疵担保責任といいます。

 

売主は引き渡しからいつまでこの瑕疵担保責任を負うかということについてですが、
契約書に記載されています。
瑕疵担保責任を負わないという契約も可能ですが、
売り主が瑕疵について知りながら告げなかった場合などは、
瑕疵担保責任を負わない旨の契約や、
期間を超えていた場合でも損害賠償などを求めることができます。

 

売主が宅地建物取引業者の場合

売主が宅地建物取引業者の場合、
中古住宅の場合は、少なくとも引き渡しの日から2年間、
新築住宅の場合は、10年間は瑕疵担保責任を負うことになっています。

 

新築住宅の場合で、売り主は、
「保険への加入」または「保証金の供託」が義務づけられ、
瑕疵担保責任を保険で充当するというシステムになっています。

 

中古住宅の場合も、瑕疵担保責任を保障する瑕疵保険があります。
瑕疵保険について詳しくはこちらをご参照ください↓
住宅、リフォームの瑕疵保険とは?

スポンサードリンク