不動産の媒介契約「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」とは

スポンサードリンク

不動産の媒介契約「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」とは

不動産を売却しようする場合は、
不動産会社と媒介契約を締結し、売買契約の仲介をしてもらい、
取引をすることが通常です。
この媒介契約には、「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」がありますので、
今回はそれらについて説明します。

 

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約とは、不動産会社1社だけに売却を依頼する契約です。
専属専任媒介契約を締結した場合、
不動産業者は指定流通機構(レインズ)に物件情報を登録する義務が生じます。
有効期間は3ヶ月(契約更新の場合も3ヶ月)以内となります。

 

この契約を締結した場合、他の不動産会社に重ねて依頼することはできず、
売主が自分で買主を見つけた場合も直接、売買契約することはできません。
(この場合も、依頼した不動産会社を通じて契約することになります)

 

専属専任媒介契約を締結した業者は、
1週間に1回以上進捗状況を報告する義務があります。

 

専任媒介契約

専任媒介契約は、専属専任媒介契約の場合と同様に、
特定の1社のみと契約し、業者はレインズに登録する義務があり、
有効期間は3ヶ月(契約更新の場合も3ヶ月)以内となります。
異なる点は、売主自身が買主を探し、契約することが可能という点です。

 

専属専任媒介契約を締結した業者は、
2週間に1回以上進捗状況を報告する義務があります。

 

一般媒介契約

一般媒介契約は、1社の不動産だけでなく、複数の不動産会社に依頼でき、
売主自身が自分で買主を見つけて契約することもできるという契約です。

 

契約期間は法律上の定めはありませんが、行政指導では
3ヶ月以内となっています。
レインズへの加入義務、報告義務はありません。

 

スポンサードリンク