買付証明書の効力、キャンセルできるか?

スポンサードリンク

買付証明書の効力、キャンセルできるか?

買付証明書とは

買付証明書とは、不動産を購入しようとする者が、
売主または仲介業者に、
不動産を購入したいという意思を証明する書面のことです。

 

この書面は購入希望者の一方的な意思表示で、
売主側の「売る」という意思表示があってはじめて売買契約が成立しますので、
この書面を提出した時点で売買契約が成立するというものではありません。

 

買付証明書を交付した場合

ですから、法律上、購入希望者は
買付証明書を提出しても撤回することができます。

 

とはいえ、撤回できるからといってむやみに発行すべきではありません。

 

買付証明書を交付した場合、売主、仲介業者、
融資をする金融機関もそのつもりで動きますから、
撤回、キャンセルをするとそれら相手方の信頼を失い、
以降の不動産取引がやりにくくなります。

 

なお、複数の人が同一の不動産の購入を希望し、
買付証明書を提出したとしても、早い者勝ちということにもなりません。

 

購入希望者が買付証明書に記載した
購入金額、手付金、契約希望日等の契約条件を売主が
了承した場合に、売買契約に向けた話がすすむことになります。

 

売主、買主の売買契約をしたいという双方の意思が合致したら、
物件の資料の追加確認や、ローンを組んで不動産を購入する場合は
融資に必要とな資料・書類の準備し、
諸経費の計算・準備計画などに進んでいきます。

スポンサードリンク