マンション・アパート経営の物件選びの段階でできる空室リスクの対策について

スポンサードリンク

マンション・アパート経営の物件選びの段階でできる空室リスクの対策について

マンション・アパート経営の最大のリスクは、
なんといっても空室リスクです。
マンション・アパート経営の収入は家賃収入ですから、
入居者がいないことには収入がゼロとなり、
ローンや必要経費の支払いで、お金は出て行く一方となってしまいます。

 

投資物件の空室リスクを回避するため

投資物件の空室リスクを回避するために、物件選びの段階で
気をつけておきたい点は、対象物件の利便性です。
どのようなターゲットを決め、そのターゲットに合った立地なのかを
吟味しましょう。
例えば学生をターゲットとする場合は、周辺の大学や専門学校など、
家賃相場などをチェックし、一定期間継続して住んでもらうために
安定して人気のある間取り・設備を整えた物件を選ぶのがポイントとなります。

 

大学の校舎が、他の地域に移転したために、
一気に学生がその街を離れ、空室が激増し、
近隣の商店の売上も激減してしまったという例もあります。

 

ですから、現在存在する学校の経営状況や、
今後のビジョン、あるいは今後設立予定の学校などを
チェックし、中長期的な視野で物件の価値、需要が持続するのかを
見定めるよう心がけたいところです。

 

また、不動産物件そのものだけでなく、マンション、アパート周辺の清掃や、
クレーム対応など日頃のサービスも住みやすさにつながり退去率を低くしますから、
サービスの質が高い管理会社を選ぶのもポイントです。

 

管理会社選びのポイント

管理会社選びのポイントは、その業績、知名度などを参考にできますが、
例えば、管理しているマンションの戸数やマンション管理資格所有者の数、
国際規格ISO(国際標準化機構)9000シリーズ取得の有無
などをチェックし、実際に管理物件の現地を訪れ、
自身の目で見て雰囲気を確かめてみるとよいでしょう。

スポンサードリンク