アパート・マンション経営の空室リスクの対策について

スポンサードリンク

アパート・マンション経営の空室リスクの対策について

マンション・アパート経営の最大のリスクは、
なんといっても空室リスクです。
マンション・アパート経営の収入は家賃収入ですから、
入居者がいないことには収入がゼロとなり、
ローンや必要経費の支払いで、お金は出て行く一方となってしまいます。

 

所有物件が空室となってしまった場合は、なるべく早く入居者を見つけたいところです。
今回は投資物件の空室リスクを回避するためのポイントを説明します。

 

空室となる原因

空室となる原因として多いものは、建物の老朽化、
設備の不備、家賃が高い、管理が行き届いていない
といったものがあります。

 

老朽化や設備の陳腐化

老朽化や設備の陳腐化については、リフォームを検討し、
家賃が相場と比較して高い場合は、
家賃の値下げを検討しなければならないということになります。
不動産周辺の清掃など管理が行き届いてない場合は、
管理会社を変えることも検討しなければならないということになります。

 

もちろん、ただ単にリフォームをしたり、家賃を下がれば
入居者がすぐに見つかるというものでもありません。
これらの魅力的ポイントを認知してもらうために広告費など、
いずれにしてもある程度の出費や、収入源など妥協点を
覚悟し、その上で運営プランを練り直す必要があります。

 

立地に問題

そもそもその立地に問題がある場合は、
さらに物件価値が下がってしまう前に、売却してしまい
リスクを最小限に抑えるという選択がベターな場合もあります。

 

例えば、大学校舎が他の地域に移転してしまった場合など、
設備や家賃の問題ではなく、入居希望者がいないということもあります。
ですから周辺環境などを調べ、適切な改善方法を検討していきましょう。

 

スポンサードリンク