不動産を売却する際にかかる税金、費用について

スポンサードリンク

不動産を売却する際にかかる税金、費用について

不動産を売却する際かかる税金、費用は主に次のものです。

 

不動産譲渡所得税

不動産の売却価格が、購入時の価格よりも高く売却できた場合、
売却益(買値と売値の差額かrた諸経費を差し引いたもの)に対して
不動産譲渡所得税が課せられます。

 

不動産譲渡所得税について詳しくはこちらを御覧ください↓
不動産譲渡所得税の計算方法、税率について

 

印紙税

不動産の売却価格に応じて、売買契約書には印紙税がかかります。
印紙税額は次のとおりです。

 

不動産売買契約書記載の金額     印紙税額

 

10万円以下                   200円
10万円超 50万円以下             400円
50万円超 100万円以下           1,000円
100万円超 500万円以下          2,000円
500万円超 1000万円以下        10,000円
1,000万円超 5,000万円以下      15,000円
5,000万円超 1億円以下         45,000円
1億円超 5億円以下            80,000円
5億円超 10億円以下          180,000円
10億円超 50億円以下         360,000円
50億円超                 540,000円

 

抵当権抹消登記の免許税・手数料

不動産に抵当権などの担保権がついている場合、
抵当権の登記を抹消した上で、所有権移転登記をするのが
一般的ですので、この抹消登記に登録免許税がかかります。
また、抹消登記は司法書士に依頼して行うことになりますので、
司法書士の報酬もかかります。

 

抵当権の抹消登記は、
1つの不動産物件のつき1,000円です。
(土地、建物の場合不動産は2つですので、登録免許税は2,000円となります)

 

司法書士に依頼した場合は司法書士に支払う報酬は、
司法書士にもよりますが、だいたい相場は1万円前後です。

 

スポンサードリンク