不動産投資イールドギャップの意味について

スポンサードリンク

不動産投資イールドギャップの意味について

イールドギャップとは

イールドギャップとは、投資の収益性を判断するの指標のひとつです。
ローンを組んで不動産を購入し、
物件を賃貸し、賃料収入を得る不動産投資においては、
イールドギャップは、金融機関からの借入の金利と、
投資物件の利回りの差を言います。

 

例えば、2,000万円の物件を購入し、年間の家賃収入が100万円であれば、
利回りは5%となります。
ローンの金利が3%とすれば、イールドギャップは、5%−3%で2%ということになります。

 

不動産投資のイールドギャップの目安

不動産投資のイールドギャップの目安は一般的には、
2%程度が目安とされています。
2%より低い場合、投資対象として適していないと考えることができます。

 

イールドギャップが高ければ高いほど、
収益性の高い物件として判断することができます。

 

もちろん、入居者がいて初めて家賃収入が発生しますので、
利回りは、入居者がいる前提の数値ですから、
いくらイールドギャップが高くても、実際に入居者がいなければ
収益性を期待することができません。

 

ですから、イールドギャップについては、
高さよりも、2%以下では、投資のプランに問題があるとする
判断材料として用いるべきでしょう。
2%以下になってしまうのであれば、家賃を高くするか、
金利の低いローンはないかと改善点を探す、
あるいは物件、金融機関ともに他の適切なものを探すなど
というふうに最低限のリスクヘッジの指標として用いるのがよいでしょう。

 

スポンサードリンク