不動産を購入するときの諸費用

スポンサードリンク

不動産を購入するときの諸費用

仲介手数料

不動産仲介業者を介して不動産を購入する場合は、
不動産仲介業者に仲介手数料を支払うことになります。
仲介手数料は成功報酬ですので、
取引が成立しなかった場合には発生しません。

 

不動産売買の仲介手数料は法律により、
次のように手数料の上限額が規定されています。

 

不動産の売買価格       手数料の上限
200万円以下        5%
200万円超 400万円以下    4%+2万円
400万円超 3%+6万円

 

印紙税

不動産の売買契約書に収入印紙を貼る必要はあり、
売買価格に応じて額が異なります。
数万円程度とみておけばよいですが、
億を越える物件は数十万円単位となります。

 

登録免許税・不動産取得税

 

登録免許税は、
所有権の移転登記に(土地の固定資産税評価額+建物の固定資産税評価額)×2%
抵当権の抹消登記に不動産の個数× 1,000円
となります。

 

また、不動産取得税がかかります。
不動産取得税の税額は次の通りで、
購入から3ヶ月〜6ヶ月後に県税事務所から通知が届きます。

 

土 地 固定資産税評価額×3%
建 物 固定資産税評価額×3%

 

なお、平成8年1月1日から平成30年3月31日までに取得した宅地等については、
価格を2分の1とする特例があり、また、住宅用土地を取得した場合は、
減額の特例がありますので詳しくは県税事務所にお問い合わせください。

 

スポンサードリンク